自然葬のメリットとは

時代の移り変わりとともに、葬儀のスタイルも変わりつつあります。

「家族葬」のほかにも注目されている、新しい葬儀の形があります。
それが自然葬です。

従来であれば、お墓に遺灰などを還すスタイルがスタンダードですが、お墓ではまく海や山などといった、自然のなかに還すことで、自然という無限の循環に回帰させるという意味合いがあります。

海や想い出の地に散骨することも同様に自然葬というカテゴリーのなかに入れることができます。
こういったことは、故人の意思で事前に決められていることが多く、「終活」のブームによって、エンドプランニングを自発的に行う人が増え、それぞれが希望する最後の形が異なることも、こうした自然葬の広がりに影響しています。



少子化も大きく影響しています。



核家族の減少で、お墓の管理も困難になってきており、一昔前のように、家系のお墓を守るという風潮が薄れて来ているのです。

樹木葬に関する疑問にお答えします。

とはいえ、故人を大事に見送ろうという気持ちは、いつの時代も同様です。心のこもった、本人がもっとも臨む形で送り出すことこそが、最高の供養といえるのではないでしょうか。

自然葬と一言でいっても様々な形があります。

終活アドバイザーという職業の方も増えて来ており、最高のエンディングをプランニングしてくれます。自然葬のスタイルについてよく知り、親族とも話し合って、よい最後を迎えたいという方も増えています。ますます浸透していく葬儀方法といえますね。